ナラの木を読む

プレイヤー

Seiki TAKATSUKI

性別
男性
都道府県
東京都
自己紹介
麻布大学野生動物学研究室教授, 保全生態学

メールボックス

イベント情報

イベント情報はまだありません。

フレンド一覧

コミュニティ一覧

参加しているコミュニティがありません。 コミュニティを探す

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

カレンダー

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について

各地のことば : 福島県会津版 (1 images)

ナラの木 福島県・会津版  河原田ヤスケさん訳 2012.6.2

すんげい強えい風が吹いだんだなし
昼間も夜も
ナラの木の葉っぱ まるごど吹っ飛ばし
枝をびゅんびゅんど揺らして
木の皮も引っぺがえすほどだった。
そんじナラの木は まっぱだかになっつまった
んだげんじょも 地面にどっかりど立ってたんだど
ほがの木はみんな倒れっつまったげんじょもな
くたびっちゃ風は
あぎらめで言ったんだど
「おめ、ナラの木、なじょして まだ立ってられんだい?」
ナラの木は言ったんだど
「お前(めい)さんは おらの枝を折っちまうごども
いっぺいの葉っぱを吹ぎとばすごども
枝どが おらをゆらしたりすっごども出来んべい
んだげんじょ おらには大地に張った
根っこがあんだ
おらが生まっちゃどぎがら
ちょこっとづづ強(つえ)ぐなったんだ
んだがら お前(めい)さんは おらの根っこ絶対(ぜってい)さわらんに
わがっかい
根っこは おらの一番深えいどごだがらだ
本当は今日まで
おらは よぐわがってねがった
おら自身が どんだげ ものごどに耐えられっかをなし
んだげんじょ やっとお前(めい)さんのおかげで
気付(きづ)がしてもらっただだし
おらが おらを知ってだよりも
おらは強(つえ)いんだっつうごどを」

>>一覧に戻る

画像を読み込んでいます...